大切な人を見つけたら

~2人の体験談~

久々にお金の話でも(2)

私たちのたいして詳しくも無いお金の話の続きです。

 

私「彼女曰く、目が「¥マーク」」

・新卒でまぁまぁ黒い会社にいたので、あまりお金が無かった。

・転職後、人並みの休みとお給料をもらうようになり残高が増えるのが楽しい。

・隣の彼女を見習って、昔ほど無駄遣いをしなくなった。

・お給料日は残高を数え、頼まれてもいないのに彼女に報告。

・吹っ飛んでも生活に困らない資金で株を楽しむ。(楽しんでる時点でたいして増えない)

以前、保有株売却後、その日の夕刊1面にこの会社の記事が載り、翌日から連騰という苦い思い出が。自分への戒めとして、今でもその新聞捨ててません。

素人は、売ったら今後その銘柄は見ないくらいでいないと、自分の才能の無さに辞めてしまいたくなります。

 

もともとは、以前書いたように同棲開始前に開示したことが始まりでしたが、今も給与明細も見せあっていますし、残高も大体知っています。

見せるのが良いのか良くないのかは2人の関係性にもよりますし、一概にどうとは言えませんが、私たちはこんな感じです。

 

先日、定期の継続で銀行に行ったよと彼女に報告したところ、「本っ当にマメだよねー」に続いて、オマエ!と思わず彼女の資産に口に出ししたくなるようなこと(定期放置に似たような話)を披露しやがりましたので、今回の記事を書くことにしました。

 

人生に絶対は無いので最後に書きますが、もし万が一、だれか別の人とお付き合いすることになるとしたら、資産開示はしない気がします。

なぜ数年前に彼女とそうしたのかと言えば、

結婚できないから、私たちの中で同棲=結婚(家族)みたいな図式だったんでしょうね。20代前半で。

若かったからのか、それだけいろいろ気持ちが高まっていたのか。今となっては謎です。この人しかいない!と思ったんでしょうね。

まあでも、二人が話し合ってしたいようにするのが一番ですよね、と話を終わらせてみます。

 


にほんブログ村