読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大切な人を見つけたら

~2人の体験談~

同性で同棲(4)不動産屋さんに行こう

賃貸で暮らす

ネットでは、同性の同棲は大家さんに断られるとか、ご近所トラブルとか、小心者には恐れ戦くようなことも書いてありました。

まずは、保証人の要らないURを検索しましたが住みたい場所にURはなく、彼女のビアン友達(恋人と同棲中)に、

「今までルームシェア断られたことない。普通に借りられる」

と背中を押され、結局は街によくある不動産屋さんで探すことにしました。

 

何ヶ月前から行動を開始したらいいのか分からず、2ヶ月前に目についた不動産屋さんへ電話。

部屋を見に来る人は、4月入居予定でも2月に来る人もいるそうで。 3月はもっと混むから、気に入ったけど空いてないとかあるよ、とのこと。

そして、行動を開始します。

 

専任物件以外はどの不動産屋さんも扱う部屋は同じで、お店を何件も回らなくても見れます。

私たちは、

1軒目(地元の個人経営):行動開始直後で、「また来ま~す」的アッサリ退散

2軒目(チェーン店):担当者がチャラく、「無いな」と却下

3軒目(チェーン店):彼女が家の近所で見つけた不動産屋さん

で結局3軒で5物件回りました。

お互いの休みがなかなか合わないので、行動開始からお部屋を決めるまで1ヶ月かかりましたが、実動は3日+契約手続きです。

 

次回は実践編(不動産屋さん1軒目)を予定していますが、まとまらなかったらカテゴリを増やして他の話に逸れていこうと思います。

 


にほんブログ村