大切な人を見つけたら

~2人の体験談~

ペアリング(3)パリで買うための準備

2010年に3周年のペアリングを探している頃の話です。

その頃私は、人生の夏休み中(無職)でした。こんな時でなければ海外に行けないと思い、彼女と2人でパリ旅行に行こうと計画していました。

国内:買いづらそう

免税店:置いているか分からない

現地の日系百貨店:在庫なし(メールで問い合わせしました)

パリの店舗:パリ市内には2店舗あるのを確認

 

今はどうか分かりませんが、当時はユーロでの価格が日本円より少し安くなっていました。このために現地に行くほどは価格差がありませんでしたが。

それで、どうせ買うなら本場・本店で!!となりました。

かと言って、フランス語も英語も不自由ですから、日本の百貨店でもらったあのカタログを握りしめ、「これください」と指差し注文しよう!となりました。

 

彼女に「スイッチ入ったね。キモイ」とよく言われるくらい、下調べが大好きです。特に旅行は事前に調べるのが大好きで、ここ数年は「ゆめのりょけん」さんを参考にしおりを作っています。

http://travel.searchlight-jp.com/archives/200808/27-2349.php (リンクフリー)

国内旅行も「旅のしおり」を作ると、旅行感が出ておすすめです。

ただし、調査に一切彼女は関わりません。AとBどっち行きたい?くらいは話を聞いてくれますが、興味が無いそうです。

予備知識なく現地で素直に体感・感動する姿を隣で見ていると、彼女が羨ましく思うこともありますが、こればかりは性格なのでどうしようもないですね。

このパリ旅行も、もれなくキモい下調べを多分に行いました。添付の写真は、ルーブル美術館の地図をプリントアウトし、観たいものだけを最短でまわれるルートを探しているところです。

パリで購入しようと定まり、さて支払いは・・・と次の問題が出てきます。

f:id:koisoriko:20160430230657j:plain

これを機に調べたら、パリの高島屋は翌2011年に閉店したそうです。

現地にいる人に日本語でメールを出せたのは、当時とても心強かったです。

 


にほんブログ村