大切な人を見つけたら

~2人の体験談~

プロポーズされたときの事

同棲スタート話、マイホーム購入前・購入後、彼女の退院後の話・・・・・まったくまとまらないので、のろけてみます。

日曜の午前からすみません。

 

2010年パリ旅行前の頃、彼女にプロポーズされました。

同棲を始めて半年くらい後のことです。

その時の話で、以下は当時のメモです。

 

プロポーズされました。 びっくりびっくり。

我々、付き合い始めた時告白とかなかったので(笑)

今まで何となく「指輪欲しいね」とか「結婚式したい?」とかは話してましたが。日本にはそういうシステム無いし、自分たちの一緒に居ようという気持ちだけだから、このままで一緒に居ると思ってました。

いやね、もう付き合って3年になるし、何とな~くもしかして…とは思ったんです。ほんのちょっとだけ。

・普段行きもしない場所のお店を予約。

・「今夜は居酒屋です」と連呼。

・前日の天気予報(当日だけ雨マーク)見て、半ギレだったし。

いやいや、それでもびっくりですよ。フェリーでディナークルージング。

写真は取り忘れましたが、メニューは持って帰ってきました(笑)

 

で、最後はバースデーケーキ登場。 これも、何となくそんな気がしたんです。

食事中、何の前振りなく急にデザートの話とかするからね。二回も(笑)

約二時間半のクルージングを終え、知り合いのバーで一杯飲んで帰ろうか~なんて言ってたんです。が、逆方向へ手を引く彼女。 まさかの○○ホテル(先に恋人がチェックイン済み)。ホテル横がフェリー乗り場です。

「着替え持って来てないよ~」と言うも、「大丈夫、大丈夫~♪」…全部持って来てるし。旅行用のシャンプーやら化粧水、着替えからファンデーションまで。

 

とりあえず夜景見よう♪とか言いながら、ベランダに。「ちょっとトイレ」と言いながら部屋に戻る彼女。おっきなバラの花束を抱えた彼女が登場。

花束のリボンには指輪が結んであり、プロポーズされました。(指輪は旅行先で買う予定なので、別のものでしたが)

 

ああいうのって、ちょっとホロッとしますね。 会社の同期と会うって嘘をついて一人で家を出発して、家の近所で花束を買い、それを持ってこっちに向かい、先にチェックインしたり、いろいろ準備してくれてました。

こんなにマメなのに、どうして今までの彼女と…と思わなくもないですが、本当に嬉しかったです。

f:id:koisoriko:20160703101815j:plain

以上です。

誕生日にプロポーズされました。普段は目覚ましが鳴るまで起きない私でも、この日はこんな幸せな日があるんだと、ベランダの椅子に座って日の出を見てました。

お付き合いスタートは、燃え上がるような・甘く切ない・胸を締め付けるような、とかの類はなーんにもなかったです。正面衝突?出合い頭?そんな感じでした。

2007年にお付き合いが始まって、段々と好きになっていって、今が一番大好きです。

さて洗濯ができたので今日はこの辺で。

 

最後になりましたが、最近下のビアンマークを押してくれてる方が増えてます。

読者さんも1人増えて、こんなブログにありがとうございます。

ちょっとずつ地道に続けていこうと思います。


にほんブログ村