大切な人を見つけたら

~2人の体験談~

主治医に聞かれたこと

彼女が昨夏発病した時の話です。

彼女の病名がわかるまで何軒か病院をまわって、最後に行った病院でやっと症状の発生元が分かり、「では明日から入院しましょう」となった時、

担当医さんが「主に誰が来られますか?」と聞かれました。

理由はよく分かりませんが、彼女に付き添って病院に行っていたお義母さんがとっさに「私たち(彼女の父母)と近くに住む姪です」と言ってくれました。

(で、こう言ってるから、もし聞かれたら「姪です」って言っといてね、と。)

 

私は平日の夕方と休日しか病院に行けなかったので、担当医師はHPでお顔を一方的に存じ上げてましたが、退院まで生の先生に会うこともなく聞かれることはありませんでした。

ナースステーションの受付で記入する受付票も、友人と記入してほぼ毎日通っていましたが、とくに何も聞かれることなく普通でした。

 

治療が始まると彼女も少しずつ元気になってきて、体調の良い日はエレベーター前にあるナースステーションの前で私が来るのを待っててくれたり、面会ぎりぎりに行った時は看護師さんに(受付票書かなくて)もうそのまま入っていいですと言われたことがありましたが、最後まで看護師さんにも関係を聞かれることはありませんでした。

 

まだ実体験がないのではっきりと言えませんが、もし医師から病状の説明を受ける際、同席する家族が同意する・もしくは「家族(同然)です」と言うなら、法的に家族ではない私も同席できるのでは?と思いました。

そういった面では、お互いの家族と関わっていく必要が出てくるかと思いますが。

 

いつか将来を共にしたいと思えた時に、家族になる・ならないの「選択肢」が自分たちにあるのが理想的だと思います。


にほんブログ村