大切な人を見つけたら

~2人の体験談~

真正面から2人の関係を聞かれる(2)

今まで聞かれたことのない、「お二人のご関係は?」というド直球に遭いました。と言う話の続きです。

 

今回初めて聞かれたんですよね。銀行で。

彼女の名前で予約して2人で行きました。

彼女の名前で行ったけど、主要な書類は私のカバンから出てくるので、20代くらいの女性行員さんが「お二人のご関係は?」って聞いてきました。

 

「一緒に住んでます」と私が答えたのですが、彼女は「うわ~初めて聞かれた~。で、まじめな顔で答えてる~。」と真面目な空気の時ほど笑いがこみ上げる彼女。

その時も、返事は「そうなんですねー」だけ。話は終わって帰り際、

 

ルームシェア楽しそうで良いですね。」って言われたんですよね。

 

・・・・・ん?ルームシェア

私も彼女も頭に「?」が飛び交ってました。

ねぇねぇ、40に近づいていくいい年した会社員二人が一緒に住んでるんだよ?

で、2人でお金の話しに来てるんだよ?

私のカバンから、彼女の印鑑や通帳や源泉徴収が出てきて、それ本気で言ってんの?

貴女がもしルームメイトいたら、お金のこと何でも話してた?

「私、分かってるんです。みなまで言わなくてもよい。」ってアライのサイン?

 

その後、同じ銀行の別の支店に行った時は、名刺を渡すときどっちに渡したらいいの?とちょっと迷ってる感じでしたが、ソチラについてはなーんにもまーったく聞かれないまま話は進んでいきました。(見た目40代の男性行員)

でも、話の振り方はちゃんと我々2人に振ってきて、彼女に一方的に聞いて私のほうは付き添いでしょ?って雰囲気でもなかったので、あぁ分かってるんだなーと感じました。

 

若くて接客に慣れてないのかなと思いましたが、過去に若くても顧客満足度抜群の店員さんが居ました。機会があれば書こうと思います。

決して嫌な気持ちになったわけではないですが、「関係を聞いといて君の着地点はそこかー!」と思ったので、ブログに書いてみました。


にほんブログ村