読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大切な人を見つけたら

~2人の体験談~

2人で田舎に帰省

暮らしの雑談・2人の事

先日、2人で私の田舎に帰省しました。

人も建物も少ない土地では、非常に涼しく快適に過ごしました。何より、快適すぎて彼女が起きない。普段ならエアコンや扇風機のタイマーが切れて、暑くて寝ていられないと起きだす彼女も、まったく起きません。

夜は姪に合せて早寝していたので、毎日9~10時間は寝ていました。(起きないので、姪は先に起きて遊んでました)

日中は毎日どこかに出かけ、帰りがけに温泉に立ち寄り田舎を満喫しました。

 

最終日、駅まで見送ってくれた姪は帰りの車内で「寂しいよー」と泣いていたようです。

我々2人の事、姉や家族はあの子にどんなふうに話すのか。それとも話さないのか。楽しみなような、少し怖い気もします。

 

彼女は、いつか一緒に帰省できない日が来るのかな。と少し心配していました。

姉は昔、結婚相手に「妹は女性とお付き合いしているけど、それが無理ならあなたと結婚しません」とまで言った人ですからそんな日は来ないと感じています。

けれど人生に絶対はありませんから、もしもあの子に話して、家族が「今年はちょっと・・・」と言うような日が来れば、私の最優先は彼女です。

そうですね、その時は毎年夏休みとお正月は彼女の実家に行くか、2人で海外旅行でもしましょうか。

 

そう言えば、お義母さんの誕生日が近かったので、果樹園の直売所から二人で果物を送りました。届いた時も食べた時もメールや電話をくれて、お義父さんもお義母さんもとても喜んでもらえました。

近くの温泉も良かったので、来年からは果樹園+温泉が定番になりそうです。


にほんブログ村