大切な人を見つけたら

~2人の体験談~

お義母さんに対する苦手意識(2)

以前お義母さんに抱いていた苦手意識が、どこがきっかけで無くなったかという話の続きです。

 

私の母親は、生まれも育ちも田舎で実家は専業農家

生家も出身校も職場も嫁ぎ先も、どれを繋いでも◯キロ圏内に収まって、県境を一切跨がない田舎のおばちゃん。

人混みは苦手で、都会も苦手。

百貨店でお買い物なんて・・・やったことないんじゃないのかな。

 

でも、都会のお義母さんはお友達とバーゲンに繰り出しちゃうんですよ。帰りにデパートの喫茶店でお茶なんかして。

 

しかもですね、お義母さん「おこしやす国」の方なんです。

生まれも育ちも、中心地のほうで、近所のお寺は世界遺産結婚して実家を出てるとは言え、もうそれだけで田舎者はハードルが一気にギューンです。

 

本音と建前を完全に使い分け、お家にお邪魔したらぶぶ漬けが出てくる都市伝説みたいなアレですよね!?くらいのビビり方です。

 

けれど、とある事がきっかけで、「お義母さんはいい人だ」とストンと飲み込めたというか、ハードルが一気に下がりました。

 

それをね・・・・・お義母さんに暴露しちゃう彼女もどうかと思いますが。

ちょっと短いですが、キリが良いので一旦切ります。


にほんブログ村