大切な人を見つけたら

~2人の体験談~

彼女の初めてを味わう

私の彼女は、基本的に料理をしません。

2010年の同棲開始時、お互いの家電を持ち寄った際も炊飯器を持っていませんでした。あと、持っていた包丁は実家から1本拝借したもの。これも使わないから一部錆びていました。

 

そんな彼女ですが、今は私が仕事に出ている一人の休日は夕ご飯を作って待っててくれます。もちろん翌日のお弁当も。

きっかけは、お義姉さん(カミングアウト済)に「帰った時に、誰かがご飯作ってくれてるのは嬉しいよ」とか、そんな事を彼女が言われてからだと思っています。

確か、お義姉さんの家に2人で遊びに行った時に、どっちがご飯作ってるの~とかそんな会話から言われたような気がします。彼女の姪っ子はとても可愛くて、機会があれば初めてお家におじゃましたことも書こうかと思います。

 

先日、献立に困った彼女が作ったのは焼きそばでした。

初めて作ったようで、食べながら「大丈夫?不味くない?」と何度も聞いてきました。

 

彼女が生まれて初めて作った焼きそばを私が独占できる。何だかとても幸せな気分になれました。調子に乗って、次の休みも焼きそばをリクエスト。

丁度、お義母さんから電話が来てたので、彼女に今夜は初めての焼きそば作ったよと自慢しなさいと言っておきました。

 


にほんブログ村