読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大切な人を見つけたら

~2人の体験談~

当時の彼女に並ぶ

先日、私たちがお付き合いを始めて9周年を迎えました。

当初は30代の彼女と20代の私でしたが、今は40代の彼女と30代の私に。

 

当時の私の年齢を思い出しながら、もうそんな歳になったんだねーと彼女がしみじみしていました。

今の年齢で、20代前半の女性と付き合えるかと想像すると・・・無理ですね。会社の人くらいしか今時の20代前半を知りませんが、なんと言うか、いったい何を話題にすればいいのか、そもそもそういう対象として見れないです。若すぎて。

 

そう思うと、9年前にお付き合いを開始した私たちは、勢いとかタイミングとかいろいろと重なるものがあったんでしょうね。

今はもう彼女と毎日過ごせるのがただただ幸せで、すっかり初老の域に入っていなくもないですが、勢いって大事ですね。

 

まあでも当時の彼女、若かったです。見た目も、体力も。

昔、口座を開設しに行った金融機関で、入り口で「ここ普通の銀行じゃないですよ。」って小馬鹿にされた挙句、窓口では「未成年ではないですよね?」と三十路相手に年齢確認・・・。

 

今はそう忙しくない部署にいますが、付き合い始めの頃は不規則がウリの部署で。不規則な生活の中で2人の時間を作ってくれていました。

当時、私もまあまあ黒い会社にいて日曜くらいしか時間が取れませんでしたが、まめに会いに来てくれて。仕事帰りの私を駅で待ち伏せしていたことも。

寝に帰るだけの私の部屋を、彼女がこっそり掃除して帰ることもありました。

 

今となっては本当に思い出話や笑い話ですが、これからもそういう話が増えて何年何十年先も2人で居られるように、お互いを思いやって生活できればと思います。

 


にほんブログ村