読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大切な人を見つけたら

~2人の体験談~

彼女の退院後に買った家電(1/3)

家具・家電 購入話 彼女の病気関連

2015年に彼女が退院後、生活の見直しを行った結果、買い換えた家電があります。

なるべくきちんと食事をとらせたい。となると、昼夜の食事をある程度仕事が遅くなっても自炊できるようにしたい。

で、買い換えたのは、まず冷蔵庫でした。

 

冷蔵庫は同棲スタート時に買ったのでまだまだ現役でしたが、最初だからねとあまり大きなものを選んでいなかったのです。

容量がいくつだったかは覚えていませんが、高さは160センチくらいで、夏場はアイスを買えば冷凍ご飯の肩身が狭くなり、扉では牛乳と麦茶は仲違いをし、野菜室は白菜半玉と大根の同居は不可能なサイズでした。

 

キッチンに食器棚を置いているので、隣に置けるサイズで最大限のものを買いましたが、大変便利です。(高さ180センチくらい)

もともと小さい冷蔵庫で日々食材を使い切る生活でしたので、冷蔵庫はわりとスッカスカですが、大きな冷蔵庫は野菜が長持ちする気がします。

以前、葉物系はすぐ元気がなくなるので、ご飯作れるか分からない仕事が忙しい時期は買うのを躊躇しましたが、今は買えるときに野菜にガンガン手を出します。

 

冷凍庫も広くなり、アイスと冷凍ご飯が仲良く同居しています。

お弁当用のおかずも冷凍しておけば、隙間を埋めるのに重宝します。最初は何を作っていいか、何が冷凍に向いているか分かりませんでしたが、お店の冷凍食品の棚に並んでいるのを参考にしています。

と言っても、隙間埋め要員の茹でブロッコリーと、お母さんのお弁当にありがちな茶色いおかず(かぼちゃの煮物、切り干し大根、卯の花、きんぴらなど)ばかりです。

 

もう一個買い換えたのがあるので、次回に続きます。


にほんブログ村