大切な人を見つけたら

~2人の体験談~

彼女が放つ衝撃の言葉

特に好き嫌いもなく、何でも美味しく食べてくれる彼女ですが、ごちそうさまの後に大抵こんなことを言います。

 

ねえ、明日の夕ご飯なに?

 

毎日楽しみにしてくれるのはすごく嬉しい。けれど、食べた直後にそれはキツイ。

こんな年になってもコレなんだから、食べ盛りの子供時代に横でピーピー言われたら、お義母さん大変だったろうなぁと同情します。

 

お料理大好きな人ならいざ知らず、毎日の献立を考えるのって結構面倒じゃないですか?

だいたい私の献立って、スーパーで旬なものや安いものをガサッっと買って、仕事の帰り道に冷蔵庫の中を思い出して・今日の気分でなんとなーく決めます。

残業の予測がつかないのもありますが、「1週間分の献立を考えて楽チン節約」とか、常備菜とか「下ごしらえで時短レシピ」は一切しません。

 

メインが煮物系なら、副菜は醤油味にしないとか、こってりなら副菜はアッサリとか、彼女が返ってくるまでの時間を考えて作れるものは・・・と、気にしてるのはそれくらい。

 

今日のご飯なに?は、仕事帰りの連絡でも連呼してきます。

仕事終わりに、帰宅ラッシュの電車で揉まれてケータイを開ければ「ご飯なに?」の連呼。

 

イラっとします。

 

そして、イラっとするのを分かってて嬉々として送り続ける彼女。性格の悪い・・・。

 

だけど、逆に「今夜何が良い?」と聞くと、答えはいつも「何でもいい」なんですよね。理由は、料理をしないので献立が思い浮かばないから。

 

最近少しずつ料理をするようになって、一人でスーパーに行くようになった彼女。

お店の壁に掛かっているメモサイズのおすすめレシピを見て、食べたいものがあると持ち帰りこっそり置いています。

これ作って~とか何も言わず、置いてるだけ。

ちょっと遠慮してるのかな~と思うととても可愛らしいですが、私がそのレシピを

 

 

再現したことはありません。

 

割と面倒なのを持って帰ってくるんですよね。

卵黄1個とか(卵白どうしよう)、ミキサーで撹拌(ミキサー無いし)とか。


にほんブログ村