読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大切な人を見つけたら

~2人の体験談~

真っ白なキャンパス。どころの話ではない

家具・家電 購入話

2011年にマイホームを購入した時の話です。

契約手続きも終わりが見え、そろそろ家の家具を決めないとね。となりました。

 

しかし、一人暮らしはずっと決められた部屋で家具付きでした。の私と、

シンプル大好き。部屋に余分なものは要りません。の彼女。

 

2人が力を合わせたところで、まったく先が見えません。

例えば、スケッチブックに花の絵を描いて。なら出来ます。

けれど、水彩、油絵、彫刻、写真、焼き物、サイズもジャンル問いません。・・・何だったら作詞する?くらいの、何もかも2人の自由!では、途方に暮れて嫌でしかありませんでした。

 

よくインターネットでは、

好みを見つけるためには素敵なインテリアを見て目を慣らす。

どんなふうに暮らしたいかイメージして部屋のスタイルを決める。

テーマを決めて統一しよう。

 

とかありますが、そもそも得意じゃないのに、夢のマイホームを才能0の2人が家具を埋めていくなんて無理。一歩も踏み出せない。

 

インテリアコーディネーターも検索しましたが、そもそも自分たちの好きなスタイルやテーマが分からないのに、個人のインテリアコーディネーターなんか頼めるか!!というオチ。

 

家具屋さんも見に行きましたが、まったく。

個別では分かるんです。こんなテーブルいいねーとか。

じゃあ周りを見て、照明は?カーテンは?ラグは?そもそもサイズは合うの?となると・・・・・もう帰っていいでしょうか。となります。

 

というわけで、センスのないど素人の2人が新居の家具を決めるまでをお話ししようと思います。


にほんブログ村