大切な人を見つけたら

~2人の体験談~

真っ白なキャンパス~(3)カーテン屋さん

2011年にマイホームを購入し、英知を結集したところでオシャレな部屋になるとは到底思えない2人が家具を揃える話の続き。

本日はカーテン編です。

 

賃貸の時は、カーテンが大小合わせて3ヶ所必要でしたが、

1.彼女のワンルームで使用品を転用

2.適当にサイズを測って、近所の寝具屋さんで買った寝室用の遮光カーテン(既製品)

3.2と同じお店で購入(一部裁断あり)

という、いたって簡素なものでした。

新居は、言い方を良くすれば「日当たり良好」、言い換えれば「カーテンたくさん」でした。

 

お部屋の大きな面積を占めるカーテンは、印象を決める大きなポイント・・・ってムリムリ!!

アレ(彼女)とコレ(私)で決められる訳がない。といってカーテン無しも困る。

 

まあ、無限に予算があるわけではないので下見に出かけました。

1件目はカーテンだけを扱うお店。

いわゆる卸しとか赤札!とかそういうのを売りにしているお店へ偵察に。

・・・数が多すぎて、もう安いのか高いのか分かりません。とりあえず大体の値段を見て十数分で退散。

カーテンの既製品って、置いてるのニトリやホームセンターくらいでしょうか?

賃貸時代のカーテンの値段が頭にあったので、卸なら一万円切るかな~なんて予想してたのに轟沈しました・・・。

新居のカーテン縦が200センチを超えていたので、そもそもそのサイズが既製品にあるのかすら分からないし、聞いたら囲み営業が始まりそうで、ビビりなため店員さんに聞けませんでした。

 

2件目はIKEA。

IKEAでは当時、カーテンの縫い代?が半額になっていて、釣られてホイホイ行きました。行ったらすごい人。 カーテン売り場だけで先に6組の待ちが。

しかもIKEAだからサンプル一覧とか、遮光カーテンコーナーとか一切カテゴリー分けがない・・・。難易度が高すぎて断念。

食器棚もどんな感じかな~と思ったら、さすがIKEA。板、扉、棚、色、パターンすべて自分で選ぶ。断念。結局、お茶して帰宅。

 

こんな感じで、収穫もないまま店を転々としていました。


にほんブログ村