読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大切な人を見つけたら

~2人の体験談~

歌詞に共感できないお年頃

仕事終わりに作る夕食は、時間との勝負で手軽最優先になりがちですが、

休日は、ラジオを聴きながらのんびり夕ごはんを作ります。

 

音楽はこの時くらいしか聞かないので、最近の音楽にも疎いです。

似たような曲だなぁと思っている時点でアレなのですが、流れてきた歌詞の中でひと際耳に残る歌詞がありました。

 

 

君がいれば何も怖くない

 

 

私にとって、むしろ大切な人ができた今こそ、怖い(不安や心配も含めて)。

 

仕事面では、彼女がいるから頑張れるのはありますが、それ以外は大切な人がいるからこそ怖いと思うことは多々あります。

 

何も怖くないという、その無敵感は一体どこからくるのか。

 

彼女を失いたくない。(別れるではなく、身体・生命的な意味で)

今の生活がこれからも続くなんて何の保障も無い。

2人の関係は、それぞれの家族以外やごく限られた人以外には見えない。

お互いを思いやり、労り、好きという気持ちでしか繋がっていない。

 

言葉尻だけを取り上げて、そんなことを言われたくないとは思うのですが、音楽を聴いてそんなことを思ってしまうのは歳のせいでしょうか。(その年で言うなと彼女に蹴り飛ばされそうですが。)

 


にほんブログ村