大切な人を見つけたら

~2人の体験談~

モデルルーム2件目の話(2)

今から6年ほど前、モデルルーム2件目に行った時の話の続きです。

 

充実の設備(コストかかる・二人の生活に合わなさそう)で断念しました。

戸数も多いので、設備を充実させるのも分からなくはないのですが、社会の隅っこで肩を寄せ合って暮らしている私達には必要ないものばかりでした。

入居が開始されていることもあり、最初から値引きありきで話が始まり、営業マンは今日決断を!と積極的なクロージングを仕掛けてきました。翌日から度々電話がかかってきました。(あれは会社がというより営業マンの性格かもしれません。)

 

あと、ファミリータイプがメインのマンションは最初から選びませんでした。

そういうタイプの物件は、売り文句に最初から子育て世帯向けアピールがある気がします。

 

いろんなパターンがあると思いますが、

入居が開始されている物件は、自分たちの好みでオプションが付けられない分、完成して後は売り切るだけなので、ある程度の値引きは有るものと考えられます。

一番安いのは、モデルルームや現地事務所として使われていたお部屋でしょうか。たまに新聞の折り込み広告で、家具付き!とか見かけますね。

 

また、私たちは中古マンションは最初から探してませんでした。

今はどうか分かりませんが、自分たちが探していたエリアで築浅物件がほぼ0だったというのもありますし、築年数が古いものでもそこそこの値段がしていて、素人の私達には中古のそれを買っていいのか判断が出来ませんでした。

 

ちなみに私たちのご近所付き合いですが、まっったくありません。

すれ違えば挨拶はしますが、その程度。

一度、赤ちゃんが居るのでうるさいかも知れませんとあいさつに来られたお母さんが居ました。それも上か下の階の方でした。

音が出るのはお互い様ですからと丁重に彼女が対応(ああいう時の彼女の言い回しは本当に天才的)したようですが、お母さんも大変ですね。

まぁでも、生きてたらある程度音くらい出ますよね。(常識の範囲内で)

 


にほんブログ村