大切な人を見つけたら

~2人の体験談~

私にイチャモンをつけたい彼女

彼女は、私が今夜はココに行こう!と決めたお店に対して、実際に行ってみて私にいちゃもんをつけ、私の反応を楽しみたいそうです。ムキになって反論するのが楽しいだなんて本当に良い性格してます。

だから、2人で楽しく食事が出来れば、別に値段とか場所とか、食べ物のジャンルはどうでも良いそうで。

 

 

毎日2人がそれなりに家で食べられるよう仕事終わりに夕食の用意をしていると、ふと外で食べたい!と思うことがあります。

 

以前は、疲れた。食べて帰ろう=空腹を満たすためだけの食事(チェーン店、定食屋など)でしたが、彼女の病気に伴ってなるべく家で!となったため、

ふと、外で食べたい!一杯ひっかけて帰りたい!となることが月に1~2回あります。(私たちは普段飲まないので、本当に1杯で終わり。)

普段飲み歩かないから、「新しくできたこのお店行ってみようよ!」とか、「ココのアレ美味しいらしいよ!」という探求心0の2人。

特に彼女の口癖は「何でもいい。合わせるから何が食べたいの?」

 

 

我が家では、

・揚げ物はしない。(2人分調理し、その後片付けるのが面倒)

・基本的に脂っこいものは作らない。(夕食後は数時間後に寝るだけだし、そんなハイカロリーにしない)

・彼女は地球と家計に優しい女。

 (たいてい3品作ると、1品は「これ明日食べようよ。明日1品作る手間が省けるでしょ。」(休日前日を除く)と言ってくれる。来世も一緒になりたい。)

 

普段が普段なだけにたまに揚げ物やガッツリしたのが食べたくなるのです。

いちゃもんをつけられたところで、「じゃあ今度は自分で探してよ」と彼女に言ってみても「えへへ」で済んでしまう程度の痴話でした。

 

 


にほんブログ村