大切な人を見つけたら

~2人の体験談~

余裕のない2人

ビンボー暇なしとはよく言ったもので、少し前まで2人とも仕事で忙しくしていました。

キャリアでも高給取りでもないので、仕事は基本持ち帰らないし、長時間の残業もありません。けれど、勤続年数が長くなれば、それだけ社内で湧き立つ波風やイロイロな余波を受けやすい立ち位置に居ることもありまして。

 

まあ、要約すれば、10年お付き合いしてきた中で、2人同時に通常外の社内業務や人間関係で気を揉むという、今までなかった時期でした。(現在もやや進行中)

大抵は、どちらかがイッパイイッパイの時は、もう片方が「まぁまぁ。今夜一杯どう?」とか「ヨシヨシ、ご飯作って待ってるよ」くらいの余裕があったのですが、

 

二人同時だと目も当てられない。

 

家の中でも、やることなすこと裏目に出る。言葉の揚げ足取りをしてしまう。

割と険悪な感じでしたよ。

 

但し、伊達に10年一緒に居ませんね。

私たちは今、それぞれの社内のしょーもないことで2人ともピリピリしている。

なんでアイツら(会社の人)のために、家に帰ってまでイライラしなきゃいけないんだ!と自覚してしまえば早いもので。

 

自覚したころちょうど彼女が実家に行くタイミングでもあったので、それぞれの時間を2日ほど過ごせば、いつもの2人に戻っていました。

 


にほんブログ村