大切な人を見つけたら

~2人の体験談~

優しくし続けると「私、捨てられるの!?」と疑う彼女

先日、そんなつもりはなかったのですが立て続けに彼女を甘やかしていたようで、

「こんなに優しくして・・・もしかして私、捨てられるの!?」と想像の斜め上な発言を彼女がしてました。

 

・彼女がふと口にした献立をその日に作り、(炊き込みご飯だった気がする)

・出先でケーキとお菓子を買って帰り、(ケーキ買ったよとは伝えたけど、お菓子も一緒に買ったことは言ってなかった)

・彼女が好きそうな禁断のアレを家計から購入し、(スプレーホイップをついに買ってみました。ノズルを下に向けてスプレーするとホイップクリームが出てくるあれです。彼女は生クリーム大好き。使用後のノズル清掃はもちろん私が。)

・彼女の好きなポテトサラダを内緒で作ったり(毎夜「明日のご飯なに~」、毎晩「今から帰るよ。今夜のご飯なに~」と献立を聞いてくるので、そもそも内緒で作ることが無い。たまたま、○○(メイン)とサラダと言った後、サラダになれる野菜がトマトしかないのに気が付いて慌てて作っただけ。)

 

などしていたら、「最近凄い優しい。私の好きなものばっかり。」と、冒頭の発言となりました。

それなりの年齢になってみると、毎日楽しいことばかりじゃないし、むしろ嫌になる事のほうが多い気がするけど、

せめて家に帰って来た時くらいは2人で楽しく過ごしたいし、どんな事があっても私だけは彼女の味方で居ようくらいに思えてきます。

 

まぁ、世界を敵に回すような彼女じゃないので、今のところ「私だけが彼女の味方」になったことはありませんが。

 


にほんブログ村