大切な人を見つけたら

~2人の体験談~

第二の都市

海外旅行、〇〇第二の都市と言われる場所に出かけるのも悪くないという話。

日本でいうと大阪や名古屋、神奈川福岡辺りが該当しそうですが。

先日、彼女とアジアのとある国に旅行行ってきまして、第二の都市の利点があったので一応メモを。

 

・ホテルが安い

・空港が小さい(カウンターも入出国審査もさほど混雑がない)

・この国の最先端!って場所ではないので、まあまあ人が優しい

・首都に比べて物価が安い

・第一の都市に比べて便数が少ないため、航空券はやや高い

・各国の旅行者が押しかけて来ないので、のんびり見て回れる

 

そんな都市でも旅行好き日本人女子はそこそこ訪れているから、ある程度日本語とカタコト英語でどうにかなるし、4ト〇ベルで旅行記も出てて、交通事情も分かる。

「お嬢さんたちこんなとこも制覇してるの。ホント凄いな!」と思います。

 

今回、予約するのが少し遅くて首都行きのチケットが予算オーバーしてて、違う都市にしたらなかなか面白かったという。

私達の中では、記念だ!パァーっと行くよ!(予算は通常の数倍)という旅行と、そうでない旅行(予算内で行けるとこを探す)の2通りあり、今回は予算内で国内旅行より海外旅行が安かった典型例です。

(行き先を探してたら結果的にだらだら旅行費が上がってしまうというのはあまりありません。無いなら他をあたります。)

 

キラーストレスの対策としてコーピングと言うのがあるそうですが、楽しい妄想をするというのもありだそうで。

私達の場合趣味があまりなく、2人の休みが合えばどこかに出かけたいので、疲れを感じた時に旅行先を妄想することでストレス対策になるのなら一挙両得です。

 


にほんブログ村