大切な人を見つけたら

~2人の体験談~

旅行から帰ると現われる症状

海外で、現地の人は大抵優しい。

優しいのは商売ってことももちろんあるとは思うのですが、過去にその場所を訪れた日本人のマナーの良さがそうさせていると思わずにはいられないんですよね。

現地ではせめて向こうの言葉で、こんにちは・ありがとう・美味しかったです、くらいはポロっと出るようにして行きます。(この前、向こうに着いて空港からバスに乗る時、暇だったから彼女に向こうの言葉で「コーヒーを一杯下さい」を教えていた時、前に並んでいた現地のお姉さんにクスっと笑われました。怒られるより全然良いですよね。)

 

そうなると、単純な私としては海外旅行から戻ると、訪日っぽい外国人を見ると何か困ってないか気になりそわそわする。という症状が出ます。

帰りの機内で家族と席がバラバラになった少年が入国の時に出す紙を書きたいんだけどペンが無くて、CAさんに話しかけられずもじもじしてたらペンを貸したり、

朝の通勤時に、前にいたインドっぽい女の子に、この電車〇〇駅行く?って英語で聞かれて返答するとか、

道でバス停を聞かれて一緒に探すとか(すぐ先にあった)

 

ここに書くと自分の器が丸裸になるくらい小さな事ですが。

日本人に道を聞かれることもあるので、害の無さそうな平凡な見た目なんでしょうね。

 


にほんブログ村