大切な人を見つけたら

~2人の体験談~

原動力は怒り

仕事で嫌なことがあれば、矛先が株に向かうという話です。

誰でも職場に不満があるかと思います。

不満の無い人は、今日はここから先読まなくて大丈夫です。

 

根が単純なので、「お金があれば働かなくていいのにー!」と思います。

発想が転職を飛び越えていくのが単純すぎる。

宝くじかロトセブンが当たればいいのにー!とも思う。買ってないけど。

そうなると、自分が出来る事でお金を増やす=株だ!株しかない!

信用も夜間取引もしない、売り買いしない月もあるくらいの私が、怒りを何に変えるかというと

 

 

いつもより四季報をちゃんと読む。

 

 

もっと活発に取引をされている方がいらっしゃったら、こんな事を書いてすいません。

あの分厚い紙の束の中で、数千ある銘柄の中に私の買える範囲で騰がる株が絶対ある!と思うと、怒りが原動力となっていつもより時間をかけて探すようになります。

・自分の手が出ない銘柄を省く

・手が出る銘柄を仕分けする

上記は四季報を買った時にしてるんですが、株のアプリにめぼしい銘柄を入れ、

(怒りを原動力に)チャートを見る機会が増えると、自分の中でそろそろ買いとか、あの発表が出てから買おうと思うことが増えるんでよね。

買ってから下がることもありますが、回数が増えれば確率も増え、納得して買っていれば目先の下げにオロオロしない。

 

怒りは長引かないから、よみが外れて爆下げなら売り。爆謄したら売り。基本は放置。また嫌なことがあって銘柄を見始めるの繰り返しです。

 


にほんブログ村