大切な人を見つけたら

~2人の体験談~

不動産屋に査定を申し込む(1)

とりあえずお部屋の簡易査定を申し込んでみた話です。

 

ココ売れるのかな~、いくらなのかな~と二人で妄想を繰り広げても話は前に進まない。

 仮にここを出るとして、

・購入時よりいくら下がっているのか(上がっているとは思えない)

・下がっているなら、いくらなのか

 

概算が分かれば、

・売却価格にいくら上乗せすれば、次のお家が買えるのか

・いくら貯まれば、そろそろ行動に移ろうかと思えるのか

 

これらがなんとなく描けるはず。

という事で、ど素人2人でも知ってるような大手の会社からチラシが入る度、簡易査定を申し込む事に。

 

1、管理組合と管理委託契約している会社の系列会社。

プレゼン資料並みに詳しいのが届いた。

直近でマンション内で売買した時の価格から、我が家の想定される価格と契約成立までの期間を提示。3ヶ月以内に売れる確率まで書いてある。

その後、追っかけ営業無し。

 

2、A社

結果を一枚、チラシ複数枚。

たまにDMが届く。

 

3、B社

査定結果の資料は届かず。

ある日、突撃オタク訪問。名刺と一筆が自宅ポストに。

何これ気持ち悪い。

 

長くなるので一旦切ります。

続きは次回。

 


にほんブログ村